2009年01月29日

FX始めました(その2)

 朝さっそくチェックしてみるとややマイナス。昨晩ちょっと考えたのだが、オーストラリアとニュージーランドは同じ経済圏なので値動きが似てくる。そこでバランスをとるために他の外貨にも手を出すことにする。
 物色してみると、なんとユーロが115円で買えるではないか。数年前にフランスに行った時は1ユーロ、160円くらいだったはず。これはお買い得とすぐさまクリック。
 さらにポンドを見ると、こちらも123円という値が。10年くらい前にイギリスに行った時は1ポンド200円だったなあ、と感慨深くこちらもクリック。その後、2件続けて来客があり3時間ほど話し込んだ後、デスクに戻った。

 画面をみてみると−600000という文字が。一桁違ちがうんじゃないの? 何度も見るがやはり数字は変わらない。これって投資額をとっくに超えてるんじゃ……。あまりの出来事に呆然。詳細をチェックしてみるとポンドが4円も下がっていた。
 TVのニュースの最後に「株と為替の値動きです」と興味の無い人にはどうでもいい1$=89円90銭といった情報が流されるが、だいたい値動きは数十銭の単位で収まるのが通常だ。1日の中で上下することはあるが1円の円高、円安というのはそれなりに大きな動きなのだ。それがたった3時間で4円! イギリスに核でも落ちたのかとあわててネットで検索する。するとイギリスのGDPが−1.6%と発表されたことがトップニュースになっている。つまりイギリス経済は大きく景気後退しているということだ。
 素人の浅はかさ。ちゃんと為替を見ている人なら、今日こういった発表があることはわかっているはずで、その数字を見ながら相場に手を出すべきだったのだ。あるいはそんな事は予想済で挑むべきなのだ。
 そんな気分にさらに追い打ちをかけるようにロスカットアラートの通知メールが届く。「ロスカット」とはマイナスがかさむとそれ以上損失を出さないように、強制的に決済されてしまうシステムのこと。これが発動されると持ち金を没収されるだけでなく、場合によっては追加の負債を取り立てられる。ロスカットアラートとは、「そろそろヤバイです」という警告メールである。この危機を脱するにはさらに資金を追加するしかないのだが、それをやればさらに深みにはまる。すでに午後3時を過ぎていて、今日中の振込はできないのは幸いだったというべきか。
 ロスカットは条件によって異なるが、今回の取引では当初の証拠金に対する現在の有効証拠金(証拠金から損失を引いたもの)が50%を切ると発動される。
 じっと画面をみつめると80%、70%と数字が下がってくる。そしてついに60%台に、見たくはないが見ずにはいられない。……そこでやっと小康状態が続く。
 しばらくしてやや持ち直し80%台へ。それでも崖っぷちであることは変わらない。このまま画面を見ていても自分に出来ることは何もないので、あきらめてパソコンの電源を落とす。
 その後のニュースで、ポンドが史上最低値を記録したことを知る。私はその歴史的瞬間を体感していたわけだ。そう思うくらいしか救いがない。「100年に一度のチャンス」を3時間ほど間違えてしまった。
 今夜、眠れるのだろうか。(続く)
posted by at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記