2010年12月24日

バーチャルの幻想

 このブログを読んでくれている知人によく言われるのは、なんだか別の人が書いてるみたいだね、ということだ。
 私はこのブログを書くにあたって特に気を付けているのは、ある特定の人や考え方に寄らないように、できるだけ自分のオリジナルの思考を示すことである。で、時には社会通念とは異なった考えや、ひねくれた物言いが入ってきてしまうわけだが、現実の私はと言えば自己主張なんて滅相もない、まさ小市民。人の顔色を伺いながら立ち回る子羊のような存在なのだ。特に社会的な権威には弱くて、自分より上と思われる相手には必ず服従、幕府の犬なわけである。ただし、明らかに自分より下と感じた人間に対しては持論をぶったり、皮肉っぽい言を発したりするので、ブログが全く私自身の人格とかけ離れているというわけでもない。

 文は人を表すという。
 仕事関係者の中には初めて会う前にこのブログに目を通してきてくれる方がいて、その際に「もっと若い方かと思ってました」と言われることがある。どうも斜に構えた青年、をイメージされてしまうようだ。しかし私は、まさに中年ど真ん中である。腹は膨れ、頭の方も心許ない。言ってみれば温水洋一なわけだ。まあ彼よりはマシだと思うが、それがむしろ中途半端でよくない。温水は冴えない中年を体現しているからこそ、そこには華があるからだ。

 文は人を表すという。
 この前ロンドンブーツの1号がメール術について語っていた。自分はチャライと思われているから、メールはあえて真摯に、絵文字などはけして使わないそうだ。そのギャップに女性がはまっていくのだという。
 では、この逆のパターンだとどうだろう?
 ネットの出会い系でノリの良さそうな男子を見つけ、実際に会ってみれば目の前にいるのは地蔵のような男。訥々と語り始めるのは趣味であるミュージカル鑑賞についての講釈。「劇団四季のサウンド・オブ・ミュージックの長女の子は6代目アニーなんだ……」女子の方はそんな事には1ミリも興味がない。その後は食品会社の資材課に勤める男のカップ焼きそばの原価を抑える苦労話や、上司や会社の愚痴、しまいには民主党政権は退場しろなど、天下国家の意見まで。
 なんとか一軒で切り上げ、疲れた身体で電車に乗り込む女子の元に一通のメールが届く。
「今日はチョー楽しかったね。 (*^_^*) 君みたいに素敵な女の子と知り合えて嬉しかったヨ♡ 次回は中目にあるイイ感じのイタリアンで! ついでに君もいただいちゃったりして(笑)」
 こんなギャップにクラッと来ても、グラッと来る女子は銀河系には皆無だろう。

 実は私のブログは周りではけっこう評判がいいのである。面白いと言ってもらえるのは有り難く、嬉しいことであるが、リアルの私は全く面白くないし、取り立てて魅力もない人間なわけである。
 現実なんて得てしてそんなものである。

 それでも私はこのブログをこれからも細々とながら続けていくつもりだ。
 このバーチャルな世界に少しでも可能性があるのではないか、ほんの一筋の希望を見いだせるのではないか、そんなことを思いながら。
 
posted by at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

美味しいお店

とっておきの美味しいお店、紹介しちゃいます。


表参道の駅の地下道からすぐに入れるダイヤモンドビルの「セブンシーズ」は、ホテルオークラのシェフが作るランチが最高! とくにお奨めなのがタイムサービスで切り分けてくれるローストビーフと、農家から直送されるサラダコーナー。こんなこだわりの食事が1500円で食べられちゃうんです。しかもなんと、このお店、食べ放題なんですよー!

渋谷駅徒歩1分にあるお洒落なバー「コーンバレー」。シーザーサラダにサーモンのカルパッチョ、自慢のローストビーフにポテト、唐揚げ、パスタのコースで2600円! 合コンなんかに最適です。しかもなんと、このお店、食べ飲み放題なんですよー!

新宿3丁目にある焼肉屋さん「味仙荘」は私が昔から良く通っているお店です。お昼のコースは1000円で、意外にマカロニサラダが美味しいんです。しかもなんと、このお店、食べ放題なんですよー!

銀座のど真ん中、ソニービルの向かいにある「唐人凧」は高級焼肉店です。夜のコースは20000円って、ちょっと高かったですね、ごめんなさい。でも松阪牛のカルビやロースから伊勢エビ、たらば蟹、ふぐまで食べられちゃうんです。しかもなんと、このお店、食べ飲み放題なんですよー!

焼肉と言えば、忘れちゃいけないのが代々木駅近くの「ガッツ・ソウル」。牛だけじゃなく豚や鳥も美味しいんです。でディナーコースの値段が1280円から。しかもなんと、このお店、食べ放題なんですよー!

品川プリンスホテル内の「孫悟空」はランチ1500円で本格中華が味わえます。つけ麺なんかもあるんですよ! しかもなんと、このお店、食べ放題なんですよー!

高田馬場にあるタイ料理「カオタイ」。早稲田通りを左に入るともうそこはアジアの雰囲気。活気ある店内のお昼のコースは900円。しかもなんと、このお店、食べ放題なんですよー!

新宿ルミネの9階にある中華「九龍點心」は本格麻婆や角煮なんかも食べられちゃいます。ディナーのコースは2623円。しかもなんと、このお店、食べ放題なんですよー!

新宿伊勢丹の向かいにある「新宿グルメ王」は、日本最大級のアミューズメントレストラン。名前の通り、グルメなら一度は訪れたいお店。お店の中はツアーの外国人で溢れていて日本であることを忘れるほどの賑やかさ。焼肉からシャブシャブ、ジンギスカン、中華なんかが食べられます。ディナーのコースは3000円、しかもなんと、このお店、食べ放題なんですよー!

高円寺の隠れた名店「成都」は四川料理屋。名物の火鍋は舌が痺れちゃいます。ランチコースは750円、しかもなんと、このお店、食べ放題なんですよー!

本当はもっとたくさん紹介したいのだけど、
まあ、ここいらで勘弁してあげますよー!
posted by at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

バブルの頃

 若者と飲んでいると4割くらいの高打率で訊かれる事がある。
「バブルってどんな感じでした?」
 今の20代は物心ついてから、好景気を体感したことがないそうだ。資本主義経済は好況、不況の循環であるから、経済的な数値では好況という時期も続いていた。しかし、景気が良いという実感を実生活で得ることはバブル以降はたしかになかった気がする。だから伝え聞くバブルという時代をとても羨ましく感じるのだそうだ。

 バブルだからといって、今より給料が何倍も高かったわけではない。収入的には今の若者とさして変わらなかったのではないだろうか。ただ確かにお金に関する感覚は麻痺していたと思う。いくら使っても益々景気が良くなるんだからノープロブレム、そんな雰囲気が蔓延していた。
 食事に行けば一人1万くらいのコースを頼まないと、デートとして許されない感じがあった。
 標準的な若者は皆冬はスキー、春と秋はゴルフ、夏には海外に行っていた。私の周囲にもゴルフを始める者が多く、週末に行けば5万はかかる。昼食のもりそばが2千円、しかもそれが最安のメニューだった。
 今思い返してみると、安月給でなぜそんなに贅沢できたのかはなぞだが、おそらく丸井のカードが解決してくれてたんだと思う。
 ただ会社の経費は使い放題だった。タクシー代はノーチェックだったので、夜10時を過ぎると、仕事がなくても終電過ぎまで会社に残り1万円以上かけてタクシーで帰る。時々は寄り道して飲んで、それも経費という日々が続いた。月に何度か、朝電車に乗るのが面倒で、自宅からそのままタクシーで会社に乗り付けるということもあった。私の知人の編集者は漫画家の原稿を取りに行くのに必要だからと車1台経費で落とした。
 バブル期に突如、月給が5万くらい上がったことがある。ついに自分も社長コースかと思ったが何のことはない、優秀な新卒を採るためには初任給で釣るしかない。そこで社内のバランスをとるために、仕方なく既存の社員の給料も上げざるおえなかったというわけだ。
 さて、ここで大きな問題がある。若者にとって一番重要な事は何か。仕事が一番とか、布教に捧げるとか、ごく特殊な人たちを除いて、それは恋愛だろう。バブルであっても現代であっても人口における男女比は変わらない。バブルだからといって女子が大量発生するわけではない。イケメンが増殖するわけでもない。今と同様、皆恋愛には不自由していたのだ。
 赤プリの一夜もクリスマスディナーも、豪華なプレゼントも相手がいなければ何の意味もない。だから、当時の若者が特に幸せだったということはないわけだ。
 
 比べてみると、実は今の品物の方が質もセンスも良く値段も安い。生活レベルはむしろ上がっていると思う。
 では結局バブルを経験できたことは人生にとってプラスになったのだろうか。
 良く言われるのは、身銭をきれば物の善し悪しがわかるようになるということである。だがバブルの頃は敵もバブルなのである。バブリーな商品にバブリーな価格を付けて攻めてくるわけだ。だが、我々庶民は本物を見分ける事などできやしない。今サイゼリヤで299円で食べられるのと同じくらいのパスタに5倍もの金額を支払ってっしまう。
 私なりにバブルを経験するということを例えてみると、ギャンブルを体験するのと同じようなものだと思う。その場にいる時は高揚感があるが、終わった後には何も残らない。結局は時間とお金を浪費しているだけ。

 だから若者諸君、好景気を知らないことを卑下することはない。君たちは今のこの社会で懸命に生きればいい。この地球上には明日の食事さえままならない人々が大勢いる。何かが社会のせい、上司のせい、親のせい、教師のせいなどということはない。勝間和代が言うように、起きていることは全て正しいのだ。だから、今の状況を真摯に感謝を持って受け止め、精一杯頑張るべきなのだ、、、なんてね、本当は君たちの事なんてどうだっていいんだけどね。
posted by at 16:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記