2009年03月06日

日本負けろと思ってしまう自分

 ついに始まりました。世界最大のスポーツの祭典、ワールド・ベースボール・クラシック! こんな世紀のイベントが日本で見られるってんだから、もう行くしかないでしょう。ということで行って来ました中国戦。

 私はスポーツで日本人や日本チームが活躍するのが嫌だった。けしてスポーツが嫌いなわけではない。むしろスポーツこそすべてと言ってもいいくらいだ。だから大層な日本人選手の持ち上げられ方がどうしても受け入れられないのだ。例えばオリンピック。せっかく世界レベルの技が見られるチャンスだというのに、日本人が得意な競技、活躍する競技ばかりが偏重される。柔道なんて、日本がメダルをとって当たり前の競技だと思うのだ。さすがに競泳の北島は凄い選手だと思うが、そのために北島のリプレイが何度も繰り返されたり、同じインタビューが10回くらい流されたり、北島の地元の応援風景が流されたりスタジオのタレントがコメントしたりすることで、マイケル・フェルプスの中継が減らされてしまうことがたまらない。
 石川遼は素晴らしい潜在能力を持っていると思うが、彼が出場することで、きっと今年のマスターズの報道はひどいことになるだろう。
 スポーツイベントの頂点と言えば、サッカーのワールドカップだが、日本が本選に出るようになってから、あまり見なくなってしまった。日本人プレーヤーが嫌いなのではない。それに乗じた盛り上がりが不快なのだ。こうなってくると次第に日本の負けをさえ願うようになる。
 しかし、それをストレートに言ってしまうと、非国民と非難されそうで隠している自分も情けない。友人の家に集ってワールドカップを見ている時、日本が失点しようものなら皆、「今のは絶対ファールだろ!」などと憤る。私も「その前に、オフサイドもあったよな」などと言いながら、心の中では「ヨシ!」と思っているわけである。

 ところがである。そんな自分が3年前のWBCの日本の優勝には感動してしまった。「感動」なんて陳腐な表現を使うほどに素直に嬉しかったし、選手達を誇りに思った。野球なんてごく限られた一部の地域のマイナースポーツかもしれない。さらにWBCに本気で臨んでいる国はあまりなかったのかもしれない。それでも、私には彼らが本当に優れたアスリートに感じられた。出場チームの中でパワーこそ足りなかったが、守備力、コントロールやスピードでは日本が勝っていたと思う。そして何よりも私がスポーツに大切だと思うプレーの美しさがあった。
 
 よくお金がある所に才能が流れるという。Jリーガーで1億貰っているのはわずか数人に過ぎない。プロ野球選手であれば、ほとんど知られていない選手でも5年くらいレギュラーを勤めていると、いつのまにか1億円プレーヤーになっていたりする。今、若者にとって最も人気のあるスポーツはサッカーだと思うが、日本のスポーツ界を見ると、いまだに才能のあるアスリートは野球に流れているような気がする。
 サッカーの日本代表と野球の日本代表を比べたら……こう言えばわかって貰えるのではないか。イチローのような存在の司令塔がいたら、ダルビッシュのようなフォワードがいたら、サッカーファンならきっと考えるのはでないかと思うのだ。

 さて肝心の中国戦。たしかに日本チームの攻撃にはあまり良いところがなかった。始まる前はすぐに20点くらい取ってしまって、5回コールドじゃつまらないな、と心配していたくらいなのに。投手はまずまずの出来。ダルビッシュの評価は高いようだったが、彼の本当の力はこんなものではないと思う。誰一人ボールにかすらせずに全員三振、くらいのピッチングを見せて欲しかった。
 それでも球場に足を運んで良かったなと思ったことがある。日本チームの守備練習は、スピード感があって見ていてすごく楽しかった。そして何より、彼らのプレーがとても美しかったのだ。
posted by at 18:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
日本負けろ
Posted by 鈴木晴香「 at 2016年01月22日 06:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27408030

この記事へのトラックバック