2009年04月28日

全部壊してゼロになれ

 いい年をしてヤンキー漫画もないものだが、好きなものは仕方がない。「クローズ」の続編が読みたいがために、月刊誌の発売日の朝には必ず立ち読みするし、全巻持っているのに総集編をコンビニで目にするとつい買ってしまう。
 その原作以前の世界を描いたのが「クローズゼロ」という映画だが、これが非常に面白かった。映画は原作マンガに抵触しないように、それでいて世界観を壊さないようにうまく作られている。そこで、公開されたばかりの「クローズゼロ2」にも行ってみたが、前作よりもさらに素晴らしい。脚本とセリフが練れていて、俳優陣が見事だった。 原作ファンが楽しめるネタも随所にちりばめられている。
 相手方の大将役がとても印象に残ったので調べてみたら、なんと我が敬愛のCharの朋友、ドラマージョニー吉長のご子息、金子ノブアキ君だったのではないか。ドラマーとしての彼は知っていたが、いつの間にこんなにいい役者になっていたとは……そんな事を発端に映画の事を思い出したら、どうしてもまた観たくなってしまった。
 同じ映画を2日後にまた見てしまうなんて、初めてのことかもしれない。

 良い映画や音楽を聴いた後の30分の余韻、この時間は私にとって至福のエクセレントタイムである。2回目の鑑賞を終え、この時間をゆっくりと楽しもうとパンフレットを買い、あえて空いている各駅停車に乗りこんだ。すると、隣に座った30前後のサラリーマンがパンフレットを覗き込み、「面白かったですか?」などと言うのである。常に無愛想なので、見知らぬ人に話しかけられるなんてヘマはまずしないのだが、この時はよほど緩んでいたに違いない。だが、こっちも悪い気はせず、ついつい話し込んでしまった。
 パンフレットを見ながら、ネタバレしなように気を遣い映画のハイライトなどを解説してあげた。いったい自分は何をしているのか!?  さらに今回の見所として、原作にうまくつながるように作られているという部分を熱心に語った。だが、その時はなぜか相手の反応が薄かった。私は(きっと彼は原作が大好きなんだ。だから、原作を汚されぬよう、映画はそれとは別物と考えているのだな)と理解した。実際映画化が決まった時、原作ファンには批判的な声が多かったのだ。
 相手を気遣い、またパンフレットに戻り、個々のキャラクターの話しを始めた。すると先方はまたノッテきて、「やっぱり山田孝之はいいですね!」と言うのである。山田孝之は今回、主人公と同じ学校のライバルを演じている。 私も見所のある俳優と思っていたので賛同すると、その男は山田孝之について熱く語り始めた。そのうち調子づいて、山田孝之は「手紙」ではどうだった、「電車男」ではどうだったなどと、「クローズ」に関係のない俳優山田孝之論をぶち始めた。さらにはバラエティ番組での、誰もいじれない山田の存在感といった話しまで始めるので、今度は私があきらかに不機嫌になった。それを感じた奴は慌てて話しを「クローズ」に戻したのだが、その時点でもう映画を見終わってから20分は経っている。
 その後のやりとりで以下のことがわかった。その輩は「クローズ」の原作などいっさい読んでいないこと、しかも数日前、たまたまテレビをつけたら大好きな山田孝之が出ていたので、つい「クローズゼロ」を終わりまで見てしまった、という程度のろくでなしだったのだ。その物体は「僕はそろそろ」と行って、終着駅の2つ前で降りていった。もうゆっくりパンフレットを見ている時間もない。

 俺様のエクセレントタイムを、いったいどうしてくれるんだ!
posted by at 17:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28748841

この記事へのトラックバック

山田孝之のちょっぴり恥ずかしい?目撃情報
Excerpt: ドラマ「BOSS」で久々にドラマ復帰した俳優の山田孝之さん(25)。そんな山田孝之さんがちょっぴり恥ずかしい場面を目撃されたらしいのです。果たしてその目撃された恥ずかしい場面とは?
Weblog: 芸能エンタメ@ニュース
Tracked: 2009-05-22 09:56