2009年06月05日

売れない本を作る罪

 村上春樹の新刊がとてつもない勢いで売れているという。出版界にとって数少ない喜ばしいニュースで、また売れているのが彼の本であることで大方の業界関係者は納得なのではないか

 一昔前に『誰が本を殺すのか』という本が話題になった。とても参考になる本だったが、どうしても著者に賛同できない箇所があった。それは本に貴賤があるかのように、くだらない本がベストセラーになってしまう現状を嘆く部分である。しかし本は文化的で特別な媒体で、売れることが全てではない、こういう考えが出版界の根底にあって、私自身も毒されていると思う。それが現在の出版業界低迷の元凶なのではないだろうか。
 子供や若者が本を読まなくなったという報道がよくなされるが、そこには「本は読まなければならないもの」という考えがみてとれる。強制されることでますます読者は離れていく。だいたい本なんて読まなくてもまったく困りはしないのだ。例えば私の弟は、学校の読書感想文で2冊、趣味のバイクの本を1冊と生涯でたった3冊しか本を読んでいない。それでも大学に入れて、私などよりよっぽど良い会社に就職している。
 もっと買っていただくという姿勢が必要なはずだ。では売れれば何でもいいのか。私はなんでもいいと思う。少なくとも売れている本を否定しようという気持ちにはなれない。
 出版なんてほんとに狭いマニアックな人々を相手にした商売なのだ。10万部売れればまごうことなきベストセラーである。しかし単純計算でいけば日本人の千人に一人にしか読まれていないわけだ。出版業界で「よしもとばなな」と言えば次の5千円札になる人、くらいに思われているだろう。しかし先日見た著名人の認知度を100人に聞くというTV番組で「よしもとばなな」を知っていたのはたった30人程で、その数は「猫ひろし」の半分にも満たなかった。つまりはそんな程度の世界なのだ。

 数年前の事、会社を辞めてフリーになり初めての仕事として、ある大型企画を出版社に持ちこんだ。実績もあった企画だったので、無事その出版社で進められることになった。その企画はシリーズ化が期待できたので、今後の自分の将来をも決める仕事と意気込んでいた。 
 その出版社の担当編集者と打合せしていると、先方からもいろいろなアイデアがだされた。その中で、付録を付けてはどうか、という提案があった。確かに面白いアイデアだったが、それでは原価があがってしまうので無理ではないか、と尋ねたところ、「定価をあげればいいんですよ」とあっさり言われ、当初考えていた倍の定価で売り出すことになった。私は定価が高くなることで読者が離れる危惧も抱いたが、その付録がつく魅力も捨てがたかった。それよりも、印税契約だったので定価が高い本が売れればより儲けが出るな、という妄想の方が膨らんできてしまった。だから、「もう一度、検討した方がいいのでは」という程度の意見に留め、あまり反対はしなかった。
 結局その本の売れ行きは惨憺たるありさまだった。その本を出してくれた出版社は相当な損失を被ったようだった。しばらくして担当だった編集者が、会社を辞めるという事を知った。このタイミングで辞めるということは、どう考えてもその企画の責任を負わされたとしか思えない。一方、私の所には結果にかかわらず予定通りの編集費が振り込まれた。これは当然の権利だし、当初の企画内容とだいぶ様変わりし、しかも売れ行きに大きく影響する定価を変更したのは先方だった。私の方だって、シリーズ化を当てにしていたので、大きな痛手だったのだ。しかし、このような話しを聞くとなんだかプレッシャーを感じてしまった。
 その編集者は幸いにもすぐに次の会社が決まり勤め始めた。その近況報告も兼ねて二人で飲むことになった。だが、彼の様子は冴えず、話しぶりから相当にキツイ職場のようだった。そしてその転職が、彼の家庭内にも影響を及ぼしているような感じだった。
 それからしばらくして、その人から私の携帯に電話が入った。私はなんとなく出る気がしなくて、放っておいた。そして、それ以降、、、いっさい連絡が来ることはなかった。

 だから、やっぱり、売れない本を作ってはいけないのだ。
posted by at 15:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
具体的で考えさせられる内容!
なのに、、、途中でクスっと笑ってしまいました。
よしもとばななと猫ひろし、とか、
弟さんと三冊の本、とかで。
Posted by hiki at 2009年06月06日 16:17
hikiさん、コメント貰えるとはげみになります。
こんな状況でも紙媒体は残ると盲信してます。
Posted by okada at 2009年06月07日 19:16
切な過ぎます。。。

こういう感覚は、もしかすると、
限られた人しかわからないのかもしれませんが、
でも、その限られた人たちは、
このお話を、ずっと忘れずにいて、
何かのときにふと、強烈に思い出したりするんだろうな。。。
と思います。
Posted by 魚 at 2009年07月02日 14:21
自分が人の人生を変えてしまっていたり、、、
知らぬまに相手を傷つけていたり、、、
罪深いものです。
Posted by okada at 2009年07月04日 16:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29611546

この記事へのトラックバック