2009年10月01日

評論はツマラナイ

 新聞あるいは雑誌などの評論をみていると、「〜は評価する、だが〜という危惧がある」といった表記が非常に多い。結局、良いのかダメなのか、何が言いたいのかが伝わってこない。反社会的な行為だから単純に糾弾する、といった文章も当たり前過ぎてツマラナイ。新聞を読む人が減ったと嘆く声があるが、面白くない文を掲載してお金をとるのは無理があるだろう。玉石混合といえど、時々キラリとセンスが光る発言が見られる2チャンネルの方がよっぽど面白い。
 今一番メディアを賑わしている出来事といえば、新政権の動向であろう。これに対しても、「やろうとしている理念はわかるが、実効性に疑問がある」という論調が多い。
 私は政権交代後テレビで各大臣が自分の言葉で抱負を語り、記者からの専門的な質問についても自ら答えている姿を見て、時代が変わるんだなという高揚感を持った。たしかにこの先どうなるかはわからない。でも今、この時点で「何かドキドキする感じ」これが大事なのではないだろうか。未来に興味がもてれば人はそれだけで生きていけるものだ。
 もしひどい事になってしまったら、その怒りや反省をパワーにして新たな希望を探していけばいいのだ。
 新政権に一つ注文をつけるとすれば、藤井財務大臣。藤井氏が「日本には悪い面ばかりでない」と円高を容認する発言をしたことに世界が反応して、為替は円高の方向に動いてしまった。日本は輸出大国なのでこのような事態になると困る企業が多い、ということは仕方がないが、円高になると私がFXで損をしてしまう。私が損をする、この事実を政府は重く受け止めるべきではないか。

※2チャンネル内にある前原国土交通大臣のスレッドタイトル「【菓子パン】前原誠司【総菜パン】」が気になっていたのだが、その謎がやっと解けた。彼は毎朝決まって菓子パン1個と総菜パン1個を食べるのだそうだ。ところがある日、新人の秘書が間違って菓子パンを2個買ってきてしまった。前原氏は「菓子パン2個なんて食べられるか!」とカンカンに怒ったという。なんだかとても良いエピソードだなあと思う。
posted by at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32581984

この記事へのトラックバック