2010年03月09日

盗んだのは奴だ

 中学に入学した当時、ずんぐりした中年体型だが、やけに眼孔鋭い教師が数学の担当教官だった。
 不必要な事はいっさいしゃべらないが、威圧感があった。数年前に卒業した不良のお礼参りを一蹴したという伝説もあって、いつもふざける連中がその先生の授業では皆おとなしくしていた。
 しかし何よりも、その教師の授業が見事だった。答えの導き出し方、数式がじつに美しいのだ。数学好きだった私は、なんとかお近づきになりたいと思い、そこそこの倍率を突破して数学係というものになることができた。
 授業前に職員室に迎えに行ったり、連絡事項を伝達したり、そんな役目だった。だがその先生は無駄口を一切きかない人なので、特にフレンドリーになるということもなかったのだが、私の数学好きを認めてくれたようで、用事で職員室に行くと、「これ、やってみろ」と私にだけ特別に問題を授けてくれた。
 そんなある時、事件がおきた。数学の副教材を用いることになり、私がその集金をおおせつかった。集金の期限は1週間ほどだったのだが、早めに持ってくる生徒もいて、私はその集めたお金をテニスのラケットケースに入れて、机の中にしまっておいた。その集金の最終日、朝学校に行ってみると、机の中のラケットケースがない。慌てて周囲を探したがみつかない。当初は誰かのイタズラですぐに出てくるだろうと思ったが、その気配はなかった。しまった、と後悔した。そしてこの事を数学教師に告げなければいけないことで心が重かった。
 担任の「皆、目をつぶって、やってしまった人は静かに手を挙げなさい」というおきまりのやつにも反応はなかった。だが、私には直感があった。きっとやったのはMだ。まったくなんの証拠も根拠もない。またMと私の間に特に確執があったわけでもない。でも私はすぐにそう思ったのだ。Mは凄いワルというわけではないが、小狡いタイプだった。そして私が普段から感じていたのは、何をしてもまったく悪びれることがないという部分だった。心がないというか心の体温がかなり低い、そんな感じだ。
 数学教師は、生徒に集金をさせた自分が悪かった、と全面的に責任を負ってくれたが、私は悔しくて悔しくてしょうがなかった。尊敬する教師の前で私は下手をうたされたのだ。今後いくら忠誠に励もうとも、数学の成績をあげてもきっと「使えないやつ」というレッテルは消えることがないだろう。
 そのMとは奇しくも3年間同じクラスになった。お互いに付き合うグループが違うので、ほとんど係わることはなかったのだが、私は彼を憎み続けた。大人になり偉くなって権力を握ったら、Mを社会的に抹殺してやる、くらいのことまで思っていた。おそらくMの方は私にそんな風に思われているとは夢にも思っていなかっただろう。

 冬も終わりが近づき、陽気が良くなって、ふとそんな大昔の出来事を思い出してしまった。
 しかし、よく考えてみると、人さまから預かった大事なお金を、ラケットケースにいれておくなんて不遜な行為だ。このラケットケースに入れておくというアイデアを実は私はとても気に入っていた。お釣りを渡す時もケースの中に手を入れさせて、お金を探らせるみたいな事をやっていたのだ。私はこんなお茶目な事をする面白い自分、というのをクラスにアピールしたかったのだ。しかし客観的になってみるとラケットケースで集金するなんて、全然面白くもなんともない。いや、人によっては不快に感じただろう。結局、自分のせいだったのだ。そんな目立つ入れ物に入れて、しかも放課後は机の中に放りっぱなし。イタズラしてやろうと思う生徒がいても不思議ではない。まったく浅はかだった。本当に恥ずかしい。
 ただ、これだけは確信がある。金を盗ったのはやっぱりMだ。そして奴は、今この瞬間も人を欺き続けているに違いない、と。
posted by at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
心が柔らかかったときのそういう出来事は、ずっと後になっても鉛のように心に重くぶら下がり続けるように思います。

ただ、彼への反感とかはもう忘れましょうよ。わずかずつだけど自分自身を損なってしまうから(^_^;)ゝ
大学のとき、社会人になってからの友人は、ほぼアイデンティティーが固まっているので、20年以上の年月を隔てて再会しても殆ど違和感ないけど、中学時代の友人って、かなり大きく変わっているケースがある。
もしかすると、Mさんもいい方向に転じたかもしれないよ(^o^)
Posted by nemo@Yasmin at 2010年03月09日 22:07
nemo@Yasmin様

ハハハ、ご心配なく。そんな深刻な話しではないです。懐かしい思い出です。ただ、こういったタイプの人間に憧れる気持ちが実はあったりします。
Posted by okada at 2010年03月10日 15:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36160300

この記事へのトラックバック